2020年09月07日

災害の備え

このブログを書いている時点では台風10号による大きな被害はなさそうですが、7月の大雨で被害を受けているところもあり、被害が少ないことを祈ります。

今回の台風に限らず、普段からあらゆる災害に備えていきましょう。

九州各地で停電が発生しているようですが、私もちょうど2年前、北海道胆振東部地震により「長期間の停電」を経験しました。

元々、非常用電源の用意など「災害」に対する備えをしていたため、大きな不便を感じずに済みました。

しかし、熱中症対策が必要な真夏や暖房が必要な厳冬期であれば状況は変わったかもしれません。

そのため、今は「ポータブル蓄電池」なども用意しています。

普段からの備えがあったため、テレビや照明も確保できていましたし、スマートフォンも基地局が稼働している間は使用できるなど、近隣よりは恵まれた状況だったと思います。

それでも「停電はいつまで続くのか」という不安や苛立ちがありました。

日本は地震・台風などの自然災害を多く経験し、土木事業を含めて「できる限りの備え」をしてきました。

ハード面だけではなく「人間の心」というソフト面に対しても配慮や支援できるように備えていきたいですね。



solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!安全管理 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント