GoToキャンペーンなど徐々に経済活動が戻っていますが、私は今回の4連休は外出はしませんでした。

キチンと「リフレッシュ」はできていますし、無理やりに自粛していたわけではありませんよ。

必要な用事であればどこでも行きますが、差し迫ってやることが無かっただけです(汗)

さて、安全管理の中で「不安全行動」による労働災害を防ぐことは大きな課題です。

設備や環境面を整備したとしても、現場トップからの安全指示や作業標準の周知がされていなければ意味は成しません。

何より各自の意識や心構えに影響され、例えば「皆がやっているから大丈夫」とか「今まで事故が無いから大丈夫」などという経験測や過信からの安易な行動が労働災害に繋がります。

スリラーやサスペンス映画などでは過信や楽観的な発言をした人は必ず犠牲者になりますよね。

それはコロナウイルスの感染拡大防止も同じで、まず行政が一貫とした指示や周知で行動を促さなければならないでしょう。

しかし、一貫性に欠けているようで「各個人の捉え方」に委ねられているかもしれません。

経済を動かすためにも過度な自粛は必要ないと思いますが
皆がやっているから大丈夫だろう
今まで何も無かったから大丈夫だろう
自分だけは大丈夫だろう
という気持ちだけは持たずに各自が責任持った行動をしていきたいですね。