2020年07月20日

面倒だから

人は誰でも「楽」をしたいもので、自ら「面倒なこと」はしたくないでしょう。

私なんぞは「節制」することもできませんからね(笑)

もちろん、面倒なことを行うと「良い結果」を得る確率が高いことは知っていますが、その選択は個人の裁量となるわけです。

面倒なことは拒否したり、後回しにしたいですよね。

さて、年配の技術者さんが若い現場代理人さんの技術向上のために「刺激」を与えようとしました。

ところが、若い現場代理人さんは「現状のまま」が良いそうで「その提案」に乗ってくれなかったそうです。

私も普段から「怠けたい」と思っているため、若い現場代理人さんの気持ちを分からなくはありません。

でも、技術者として給料をもらっているわけですから、常に向上する意識は欲しいです。

与えられたことを「無難に行うだけ」では世の中の変化突発的な現場の課題を乗り越えることができないかもしれません。

自慢じゃありませんが、私は「楽をしたい」という怠惰な気持ちが仕事のエネルギーですからね(おいっ!)

その若い現場代理人さんには「チャレンジする気持ち」を持ってほしいですね。

自分自身が「楽しい」と感じることをやれるならば「面倒」と思わなくなりますよ。
(私も「楽しい」ことを提供していますww)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント