2020年06月29日

給料から天引くぞ

現場で機材などのモノを壊すことは多いと思います。

叱られたり責任を取らされることを嫌がり「隠す」人もいるのですが、一番の罪は「壊した」ことではなく「隠す」ことですよね。

すぐに修理したり代替えをして対応できたものを次に使おうとした人が「壊れて」いたために仕事が出来なくなることが会社にとって一番の損失なのです。

会社の利益のために働いている中で発生した「損害」については「労働者の責任」はあまり問われないので、正直に申告しましょう。

さて、読者さんから「お悩みメール」をいただきました。

作業員さんの不注意で機械を壊してしまい、会社に報告したそうです。

その後、事務員さん電話があり社長が給料から修理代を天引け!と言っていますがよろしいでしょうか?」確認の電話があったそうです。

よく冗談で「給料から引くぞ」と言うことはありますが、冗談ではない雰囲気だそうです。

当たり前のことですが、勝手に給料から天引くのは違法です。

そのため「確認」があったのでしょうが、これを「了承」したとしても「自由な意思」ではありませんから違法となるでしょうね。

さらに、勤務している中で発生したミスや損害は故意・過失関係無しに「全額負担」はありえません。

つまり「給料から天引く」という言葉が出る時点でブラックなわけです。

悩むくらいなら「見切り」をつけて転職しましょう。
(ホワイトを目指している建設会社を紹介しますよ)


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント