2020年06月18日

胸襟を開く

かなり贅肉がついているお腹を持つ私ですが、仕事先では言い難いことも含めて「腹を割って」話すようにしています。

仕事が絡むこともあり「自分の利益」という「腹黒さ」を感じられないよう、腹を割って「中」を見てもらいたいわけです。
(脂肪と善意で真っ白です・・笑)

「腹を割る」とは「正直に話す」というニュアンスかな。

同じような慣用句に「胸襟を開く」(きょうきんをひらく)という言葉もありますよね。

こちらは心の中にある「考えや思い」包み隠さずに打ち明けることという意味でしょう。

例えば、社長さんと従業員さんの関係では「腹を割って話す」よりは「胸襟を開いて話す」方が、お互いに目指す目標が共有できたり、感情にすれ違いがあれば修正することができる気がします。

しかし「プライド」やら何やら「面倒なシガラミ」があり、素直に「心の中」を明けられない人もいますよね。

実は私も「胸襟」を開けないタイプでした(おいっ)

すると次第に心を開かない相手に対して「胸に一物がある」(心の中にたくらみがある)のではないかと疑心暗鬼になり、関係が崩れていきました・・。

だから、今はお手伝いしている会社に「腹を割って」話をし、トップの人には胸襟を開き「目指す目標」を指さして共有してほしいとお願いしているのです。
(ぜひお願いしますね!)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント