2020年04月13日

先憂後楽

私の信条は右サイドバーの自己紹介にもあるように「楽するために苦労する」です。

例えば、現場では準備段階である「段取り」が重要ですが、大変な思いをしても段取りを完璧にしておくと、その後の「施工」は楽にできますよね。
(フロントローディングってヤツです・・笑)

何事も「先に苦労や苦難を経験したり、心配事をなくしたりしておけば、後で楽が出来る」わけで、四字熟語では「先憂後楽」といいます。

さて、ある建設会社さんでお話しさせていただときに「私の信条」についても説明しました。

すると「ウチの会長も同じことを言ってます」との話を聞きました。

先憂後楽何でも会長室には有名書道家が書かれた「先憂後楽」の額もあるとか・・。

講習後に会長さんにご挨拶させていただきましたが、他にも「意見」の合うところが多く、私のことを気に入っていただけたようです(笑)

懇意にされている書道家が書かれた「先憂後楽」の色紙をいただいてしまいました。

ちなみに私は書道に詳しくなかったのですが、北海道出身でNHKの趣味講座や書道ガールズという映画の書道監修もされた石飛博光(いしとび はっこう)先生が書かれた書ということで、大変恐縮してしまいます。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント