2020年03月26日

勉強家なのは良いですが・・

ウチの社長は「勉強家」で、全国あちらこちらに出張して情報を集め「得たもの」を社内に取り入れようとします。

しかし、どれも中途半端で継続しません。

しばらくするとまたどこからか見つけてきた新たな「別のこと」を始めようと言い出すのです・・・。

私も含めて従業員の多くが「またか・・」という気分になります。
・・という「お話し」を聞きました。

確かに、経営者さんの立場はいろいろと悩みがあり、成功例を聞くと「真似」したくなるでしょう。

経営者さんに「目指す目標」があり、それを従業員が共有し、一緒に達成しようとする過程で「良い施策」を見つけ、社内に取り入れるのなら「良い」と思います。

しかし、一貫性が無いということは「目指すもの」「共有」もされていないようです。

さらに今まで構築したモノを無視して「仕組み」も作らずに新たなことに取り組むのは「浅はか」と感じます。

あくまでも「一方的」な話なので、社長さんの意図は分かりませんが、従業員さんを信頼しているならば、目的や方針を明確にし、運用に向けての(根拠ある)スケジュールくらいは伝えてほしいと思います。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント