2020年02月14日

再発見

来年度の受注に向けて、クライアントさんから「技術提案・施工計画の添削」を数多くいただいております。

ちなみに工事本数が何本でも「無料」で、お互いが納得するまで何度でも「やり取り」させてもらっています。
(そのため受注率が高いのが自慢です!)

当初は、客観的に見ての「文章表現」を添削していましたが、どの会社も数をこなすことで文章表現は問題なくなっています。

そのため「提案戦略」がメインになってきていますね。

私も「文章添削」は効果が分かりにくいのですが「提案戦略」結果が分かりやすく「やりがい」があります。

先日も「提案内容」に気がかりな部分があり、提案は悪くは無いが「懸念点がある」と指摘させていただきました。

作成した方も「指摘されてみると確かに不安ですね」と、現地再調査をしてくれたのですが、着眼点を変えて現地を見ると「再発見」があったようです。

予測がズバリと当たると気持ち良いです(笑)

さらに気持ち良くなるために、早く「入札結果」が知りたいなぁ。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント