2020年01月10日

今年も受賞

昨年の1月10日に「新年早々、表彰の受賞報告が届いた」という内容の記事を書きました。

そして昨日「今年も受賞できました!」という報告がクライアントさんから届きました。

「連続受賞」実力の証明になります!

正直なところ、今年は「受賞は厳しい」と思っていたので「驚き」です(おいっ!)

コンクリートの打設や養生に工夫し「こだわり」もあるのですが、どちらかというと「地味」(笑)アピールが難しいものでした。

さらに「不可抗力」マイナス要素があり、現場担当者は工程調整に「かなり苦労」したのですが「苦労のアピール」難しい内容でもありました。

しかし、現場担当者は問題点が大きいほど「腕の魅せ所」なので「燃える」というタイプで、最終的に「熱い思い」が伝わって「逆転勝利」できたと思います。

問題を乗り越え「品質の高い構造物」を構築することが出来ると「喜び」になります。

そして、その苦労が認められ、褒めてもらえると「ヤリガイ」になります。

これは普段の仕事でも同じですよね。
(さぁ、3年連続を目指しましょう!)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント