「仕事」にしても「情報」にしても「学び」にしても、誰かから与えられるのを待つだけで、自ら探さない人は多いと思います。

その方が簡単で楽ですからね。

また、経営者さんの中には従業員に「考える」ことをさせず「与え続ける」という人もいます。

一見、優しく物分かりの良い経営者さんに感じますが、従業員の成長を望んでいるのではなく、自分に都合の良く動いてくれるロボットを作っているようなものだと感じています。

「右向け右!」の号令で、従業員が一糸乱れずに動するとトップは快感を感じるでしょう。

先日、そのような会社の従業員さんとお話ししたのですが、やはり「正解」待つだけで、ヒントを与えても「答え」見つける気も無かったですね。

ただ、私と「価値観」が違うだけで、その人はそれが「楽」「良いこと」と思っていますから問題は無いです。

さて、クライアントさんから「部門リーダーの心得」について社内で話をしてほしいと頼まれました。

実は期日は2週間後で、既に「全く別のネタ」を用意しています。

しかし、しっかりと内容を聞いてもらえると「部門リーダーの心得」にも通じる内容だったりします(笑)

単純に「話を聞くだけ」では気づかないでしょう。

しかし、私のクライアントさんですから、話を一生懸命に聞き、見つけて「理解」してくれると思います。
(・・と予めプレッシャーをかけておく・・笑)