2019年12月09日

カリヤニイキマスカ

私は方向感覚は優れている方で、初めて訪れた場所でもあまり迷うことはありません。

今は「良いアプリ」もありますから「野生の勘」に頼ることはなくなりましたね(笑)

また、私は「道を尋ねられる」ことも多く、地元なら対応できますくが土地勘の無い出張先で道を尋ねられた時は困りますね。

先週、出張先で電車を待っていると西欧系の外国人から「コノデンシャハカリヤニイキマスカ」日本語で尋ねられました。

この沿線では「大府」「岡崎」そして終点の「豊橋」くらいはわかりますが「カリヤ」がどこにあるか知りません(汗)

私が答えあぐねていると「不親切な日本人」と思われたのか「ダメだこりゃ」というジャスチャーをされてしまいました・・。

ちょっと悔しかったですね。
(もっとマジメに英語を勉強しておけばよかったなぁ・・)

とりあえず「私も地元じゃないので知らない」という英語を覚えました・・(笑)

外国人の観光客が増えていて、工事看板などは外国語表示も見かけるようになりました。

観光地や都市部で仕事する場合、道を尋ねられやすい誘導員さんなどに「翻訳機」「パンフレット」を準備しておいても良いかもしれませんね。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント