2019年12月05日

ダメだし

私は「工事書類の添削」から「経営戦略」「新しいアイデア」などをお手伝いさせてもらっていますが、業務の中で遠慮なく「ダメ出し」をすることも多いです。

そして、単純に「ダメ出し」するのではなく、必ず「例えば、◆◆すると〇〇となるはずなので▽▽してみよう」などと代替案を提示することにしています。

これは私が仕事をする上でのポリシーですが、だいたい代替案を出さないで否定することは「おかしい」ですし「結果論」は誰でも言えますからね。

さて、ある建設会社で10名ほどの部下を持つ部長さんは「利益だせ」口癖だそうです。

根拠のない「数値目標」を示し、達成できなければ「あの時、■■していないからだ」と結果論をシツコク言うそうです。

たまに部長さんも現場に出ることもあるそうですが「忙しい」を理由に下請けに丸投げしているとのこと。
(当然、利益は出せない)

それは良いとして(おいっ!)

問題は、彼の部下たちが「相手を否定するが代替案を出さない人」に育っているらしいのです。

今までは「社内だけ」の問題でしたが、社内全部が「ダメ出しするだけ」になると対外的な影響も出るでしょうね。
(ちなみに情報提供者さんは、今後お付き合いしたくないと言われています・・)


この記事へのコメント

1. Posted by めざせ80点   2019年12月13日 16:34
我社みたい。対外的な影響がすでに出てます
工事成績に影響がでてきてますね
2. Posted by nikumaru   2019年12月14日 10:11
■めざせ80点さん
このような会社は私の周りには少ないのですが、全体を見ると意外と多いかもしれませんね。

目先の工事評価だけではなく、社内効率化もできず人材も育たない建設会社は未来が無いでしょうね。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント