2019年11月27日

坊ちゃん

ある建設会社の跡取り息子さんが私のことを気に入ってくれて「メール」などで近況報告してくれます。

一度お会いしたこともあるのですが、とても品の良い「大人しい」方で、正直なところ「お坊ちゃん育ち」という感じでした(笑)

それは本人も自覚しているようで、私に厳しく「ダメだし」してほしいと言われ、何度か会社の「悪い体質」を指摘しました。

ただ、昔から会社にいる従業員さん達には言えないようで、ジレンマを感じていたようです。

最近知ったのですが、父親が亡くなり「社長」になられたとのこと。

部長さんを副社長にして切り盛りしてもらっていますが「自分は何もできていない」と悩まれていました・・。

ぶっちゃけ「そんなこと」で悩んでいるのが「お坊ちゃん」だと思います!

副社長さんを含めて「従業員」「仕事」をしますが、最終的な「責任」は負わないでしょう。

一方、社長さんは、会社や従業員の家族、顧客である社会に対しても「責任」を負うわけです。

何もできていないのではなく「既に行っている」のです。

とは言え、目に見える「実績」も欲しいとは思います。

まずは自分の目指す会社のビジョンを決め、皆で共有してほしいですね。
(当然、私は相談受けますよ)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント