2019年11月21日

スーパー銭湯の日

昔、仕事終わりに「作業員宿舎」に行き、皆で「お風呂」に入ってから帰宅していました。
(当時は風呂の中で仕事の段取りなどを話していましたね)

その後、作業員宿舎が閉鎖となりましたが、週に2・3回は仕事終わりに一人でスーパー銭湯に行ったものです。
(社用車には常に「風呂道具」を積んでいました)

さて、ある建設会社さんは「残業対策」のため、スーパー銭湯の回数券を支給したうえで、週に1度、工事部全員が18時までに仕事を切り上げて、スーパー銭湯に行くという「スーパー銭湯の日」を設けました。
(スーパー銭湯に行くのは強制ではありません)

今までは「ノー残業デー」などを作っていたのですが、結局は「終わらければ残業すれば良い」という考えがあり形骸化していました。

そこで、就業時間後に「予定」を作ることで「それまでに仕事を終わらせなければ」という意識に変えようという試みです。

これが好評でして、常にほぼ全員が参加しているそうです。

疲れた体を癒せるのはもちろん、サウナで野球などを見ながら会話するなどコミュニケーションも良くなっているそうです。

今後、皆でゴルフ練習場に行く「打ちっぱなしの日」も考えているとのこと。

仕事終わりに「楽しいこと」が行えるならば、早めに仕事を終わらせたいと「効率化」にもなりますし、気分転換にもなりますよね。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント