2019年11月20日

事故原因は社風?

ある建設会社さんはワンマンな社長の下、社員が委縮していますし、管理職も「責任を避ける」傾向にありました。

その中で一人だけ「嫌われ役」を買って出て、細かなことに「口うるさく」言う管理職(部長さん)がいたため、何とか事故も無く機能していました。

社員さんも「口うるさい上司」の指示に従えば良いのは「楽」でもあり、ワンマンな社長との兼ね合いもあり、いつのまにか「自発性」も無くなったようです。

時が過ぎ、社長さんは引退し、一昨年には部長さんも定年退職しました。

しかし、今まで築きあげた「ウルサイ人に言われて実行・余計なことをやって責任取りたくない」という「悪い部分の社風」の改善には時間が掛かります。

そして、最近になって、その会社で小さいケガや事故が続くようになってきました。

今まで「事故」が無かったのは、前部長の「財産」が残っていたからだと私は思っています。

前部長の効力が薄れてきたわけで、今こそ「自発」で改善すべき時ということだと思います。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!安全管理 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント