2019年10月15日

台風被害に思う

最大級と言われた台風19号により、河川の氾濫など各地で甚大な被害が発生しました。

被災された方々にお見舞いを申し上げます。

私は北海道から九州まで激甚指定を含む災害現場で復旧復興活動している地元建設会社を訪問しています。

福島その全てが、つながりや地域再興の「熱い思い」を持って、寝食を忘れるほど復旧活動に尽力しています。

写真は県外から福島県の被災地に趣き排水作業をしている建設会社からの提供ですが、作業に従事している人は既に3日間「風呂」に入っていないそうです。(クリックで拡大します)

数年前、当時の関東地整・荒川下流事務所の所長さんが当ブログの大ファンとのことで何度か荒川下流事務所を訪問させていただきました。

所長さんは、荒川放水路の果たす役割や歴史、災害に対していかに国民と資産を守るべきか熱弁されたことを記憶しています。

日本の多くの都市は、洪水時の河川水より低い想定洪水氾濫区域にあります。

長い歴史の中で日本人は多くの災害を経験し、そのたびに治水などを行い備えてきました。

土木屋として、今後も治水整備を含めた強靭化は大切と考えますが、最近の気候は想定基準を超えるスピードで進化しています。

被害を軽減するために、国民の一人一人が理解と備えをしていくべきと思います。


この記事へのコメント

1. Posted by 本音では   2019年10月15日 09:26
ある建設会社の社長が金儲けのチャンスとツィートして話題ですが、自然災害のおかげで仕事が増えている、しばらく安泰と考えている土建屋も多いのではないですか
2. Posted by nikumaru   2019年10月15日 10:14
■本音では さん

仕事が増えるのは確かですし、企業として利益を出して社会に還元することも大切なことと思います。

しかし、災害を金儲けのチャンスと考える「地元建設会社」はありませんし、仮に「あった」としたなら、それは本当の災害を経験していないか、地元に根付いていない会社です。

人の不幸を仕事にしているのではなく、人の未来や幸せを作る仕事をしていると皆が自負しています。

建設関係者に限らず全ての人が、自分の与えられたステージで自分のできることを行う「助け合い」をしますよね。
3. Posted by あおき   2019年10月25日 09:30
「ブログを毎朝拝読させて頂いております」と言いながら13日から災害対応で全部読めておりませんでした。
リーチマイケルからは毎朝読ませて頂いていましたが・・・
「金儲けのチャンス」は信じられない言葉ですね。
私の地域は24時間に満たない間に年間降水量の19%に相当する雨が降り100件以上の被害が出ました。
私にとって被害に遭われた方々は皆さん知り合いです。
地域に生きるとはそういう事だと思います。
その痛み、辛さを感じながら私達は作業しています。震災の時もそうでしたが「お金だけの為なら関わりたくない仕事」です。
ただ痛みも辛さも苦しさを感じる事が出来る自分達だからこそ携わらなければいけない作業だと思って社員と共に頑張ってます。
儲けのチャンスなど言う経営者はnikumaruさんが記して下さった『本当の災害を経緯していない』『地域に根差していない』会社なのだと私も思います。
4. Posted by nikumaru   2019年10月26日 16:31
■あおきさん
私は建設会社(団体)にも言いたいことがあります。

業務であっても「利益に見合わないからボランティア」という考えはNGとして「建設会社(業界)の災害貢献」は業務として行っているものとボランティア(無償)として行っているものがあります。
「お金だけの為なら関わりたくない仕事」だからこそ、これは明確に「区分けすべき」と思います。

困っている人に対して自分にできることを行うのは「人として当たり前のこと」であり、重機を持ち、運用できる「能力」がある建設業が災害時に率先して動くことも「当たり前」なのだと思います。
当たり前のことを「建設業は必要だ」と自らアピールしてしまうことと「災害は金もうけ」は、もしかすると「大きな差」は無いのかもしれません。

くしの歯作戦も良いと思います。
でも私はあおきさん達が「思い出の品」をどのように扱ったか、そのためにどれほどの労力と痛みと感情があったか、そして「なぜそこまですべき」だったのか。
そのような各自の「気持ち・拘り」を多くの人に知ってもらうことが大事なのだと思います。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント