2019年09月25日

ジタハラ

私は「仕事」とは「楽しく喜びを感じられること」であると思っています。

特に建設業は多くの人に「利益を与える」仕事であり、自分が社会への存在意義を感じられるとともに「成長」を感じられる素晴らしい仕事だと思っています。

・・・と言っても、それは「今だから言えること」でして「現役時代」は目の前の仕事を日々こなすだけで「手一杯」「喜び」を感じたことは少なかったのですけれどね(笑)

さて、ある建設会社さんが「働き方改革」を進める中で「ジタハラ」が発生し、従業員から「不平不満」が上がってきたそうです。

そりゃ「現場担当者の責任」「会社の支援」を変えずに「成果をもっと上げて、残業するな」と言われたなら「不満」が出るのは当然ですよね。

本来は「配置人員を増やす」とか「社内書類を削減する」など会社の支援体制を構築して「効率化」できた結果として「労働時間が短縮」されるわけです。

とは言え、現実を考えると「何をするにも人が足りない」わけで理想通りには進みませんよね。

ならば、まずは「この会社で仕事をするのが楽しい」と思える人を増やしていくと労働力の確保は当然のこと、勝手に「一人当たりの労働生産性」が向上すると思います。

ちなみに、この建設会社は私も「楽しいことのアイデア」を出させてもらっていますし、スポーツ支援など積極的に取り組むなど「イキイキと働ける職場環境」を構築できる土壌があります。

あとは従業員さんが「楽しく喜びを感じる意識」を持っていただけると良いと思いますよ。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント