2019年08月06日

【建設工事現場技術発表会】その2

午前中の「若手中心」の発表は、地域や自分、会社や現場の取り組みという「実行したことを発表する」ことでプレゼンの経験値を上げることも目的の一つでした。

私の「裏の目的」を見事に皆さん達成していただきました。

そして、午後からは「聴講者を感心せたり驚かせる」ことを裏の目的としていました。

それがギブ&テイク「ギブ」のことですし、お互いに「相手を驚かせたい」と思い行動していくことも「研鑽」の一つですからね。

相手も日々向上するわけですから、相手を驚かせるには常にレベルを上げなければならないですからね。

発表会PM1トップバッターは、私をよく知る「私の一番弟子」の会社ですから「安心」していたところ・・・。

仕事の「ハード」ではなく「ソフト」を発表するだけで、相手を「驚かせよう」という気持ちが全く感じられません。

本人も反省しておりますので「次に期待」です!

次は全国で最優秀賞に選ばれはしましたが、私が「戦略の不備」を指摘している現場のプレゼンです。

聞いている人達に「なぜ戦略が必要なのか」を伝えたいと思っていたのですが、ちょっと伝えられなかったかな・・(うまいこと丸められた・・笑)

次からはメインイベントともなる「ICT活用」の先端事例の発表へと続きます(つづく)


この記事へのコメント

1. Posted by TAKA   2019年08月06日 10:18
申し訳ございませんでした。
今回は何も手を出さず、
本人に任せてみました。

まぁ、こんなもんですね・・・

次回はリベンジするとの事です!
2. Posted by nikumaru   2019年08月06日 16:11
■TAKAさん
想定の範囲です(笑)
・・・というか「狙い通り」だったかもしれません。

だから「前フリ」をしたり、ハードルを上げたり、いろいろと画策していたわけです。

ここ数年かけて出し続けていた「宿題」に身をもって気づいてもらえたと思います。


TAKAさんがいたら「助け舟」を出したと思いますので、これで良かったと思います。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント