2019年07月11日

工事用仮設フェンスにもたれた事故

工事現場のフェンスが倒れて通行人の男性が穴に転落し、亡くなられたそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190709-00000005-ann-soci
(ニュースのためリンク先は消えます)

まず、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ニュースを読むと、立ち入りを禁止するため、あるいは工事箇所を区分するために「フェンスバリケード」を設置していたが、そのフェンスに人がもたれ掛かり転落、警察はフェンスの強度が不十分だったとして業務上過失致死として捜査しています。

リンク先のニュースのコメント欄には「工事の簡易的な仮設フェンスにもたれるのが悪い」という意見が多いです。

フェンスバリケードは簡易であり、もたれたら当然「倒れる」ことを予見できるわけで「もたれた方が悪い」という意見は分かります。

これ「ニュースの文面」が分かりにくいのですが、立入禁止のためこのような簡易的なフェンスバリケードを設置しているのは問題ありません。

1mの深さの穴をそのままにしていたことが問題で、穴を養生しておくべきだったわけです。

その「養生」ができない場合は「落下防止の措置」が必要であり、それが簡易な立ち入り禁止のフェンスバリケードでは「なされていなかった」となるわけです。

状況が分からないため言い切れませんが、民有地であっても供用している歩道と接している以上、措置が必要となるわけで、施工業者の過失の可能性が高いです。

似たような状況の「工事現場」もあると思いますので、キッチリと措置を行ってください。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(2)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by とおりすがり   2019年07月11日 12:02
もたれた方が悪いなんて事は100%ないと思います。バカなマスコミにはうんざりです。
2. Posted by nikumaru   2019年07月11日 19:18
■とおりすがりさん
私の書き方が悪いのですが「マスコミのコメント」ではなく「ニュースサイトを見た人(一般の人)のコメント」のことです。


どちらにしても転落した人が悪いわけでは無いですね。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント