2019年06月20日

生産性が上がらないわけ

生産性を向上させるという理屈は理解していると思いますが「生産性の向上の意味」を解っていない建設会社さんが多いと感じています。

会社の規模にもよりますが、例えば現場担当者に全て丸投げとか「積算担当者が一人」などと特定の担当者に仕事が偏っているなら「生産性が高い」とは言えませんよね。

人、物、金、時間が無いため「打開できない」と理屈も言えますが、ほとんどは「打開しようとしていない」と思います。

例えば、一人で抱えず、社内で仕事の分担ができると良いわけですが、それができないのは社内の仲間を「信頼できない」ということなのでしょう。

逆に効率の良い仕事ができる人は、部下に経験を踏ませ、実力を伸ばし、自分の考えや仕事のやり方を伝えて「信頼をおける関係」を築いています。

できないではなく、できるようにしてきたわけです。

また、そのような人は常に「意欲」もあり、多方から「刺激」を受けることで「モチベーション」を上げたいと思っている人が多いですね。

何もしなかった「過去のツケ」を嘆いても仕方ないので、今「できること」から効率化していくべきです。


この記事へのコメント

1. Posted by 家庭内横領(嫁からダイエット指令が)   2019年06月20日 08:24
 どっかの会社みたいですね。。。。。。。。
究極、リーダーは自分を超えるリーダーを育ててこそ、リーダーです。
 
2. Posted by nikumaru   2019年06月20日 17:40
■家庭内横領さん
本当にどこかの会社のようだよね・・(笑)


反面教師・・という考え方もありますが、しっかりと自分の「仕事DNA」を存続させていくことを考えましょう。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント