2019年06月18日

プレゼンのコツ

8月2日にクライアントさんを集めて「勉強会」を行います。

自社の取り組みや現場の工夫などを相互に発表しあう勉強会で、お互いの情報を共有し刺激と技術向上を目指すものです。

既に「プログラム」を決定し、各社が発表者を決めているようですが、ある発表予定者さんから「上手にできるか不安」という声をいただきました。

肉丸さんのように人前でじょうずに話ができない・・と言われたのですが、正直なところ自分で「話し上手」と思っていませんよ。

例えば、私は自分が話をする講習会の映像を一切見ません!

マシンガントークと揶揄されるほど早口で、語尾のイントネーションが跳ね上がり、しつこい口癖があったり・・。

恥ずかしいというよりはガッカリするからです(笑)

私は世に言う「プレゼン上手」とは真逆なプレゼンをしているわけです。

ただし、内容には「自信」があります(おいっ!)

実際、聞いていただいた方から「高評価」をいただいていますので、さらに自信になっています。

だから、大声で自慢しているわけで、それが「態度」にも出て「説得力」になっているのかもしれません。

上手にできるか不安・・と思わず「俺の話を聞け!」という態度で臨んでください。

それが「私の思うプレゼンのコツ」ですよ。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント