2019年05月29日

休みより仕事

先日、学生時代の友人と酒を飲んだのですが、会話の中で「働き方改革」が話題になりました。

友人は会社経営者もサラリーマンもいるのですが、サラリーマンの友人は「長時間仕事したい」という考えでした(笑)

これが経営者なら「よく聞く」ことですが、従業員であっても私たちの年齢ともなると「休みより仕事」を選ぶ人が多いのかもしれませんね。

私は働き方改革の「積極的な推進」を進めているのですが、長時間労働を否定しているわけではありません。

仕事を「楽しい」とか「自己成長の場」と感じているならば「楽しいこと」をする時間は長い方が良いですからね。

私自身も仕事が「苦」になっておらず、むしろ「楽しい」ですから「休みより仕事」を選びがちです(事業主ですし・・笑)

いかに「魅力ある職場」を作って人材を確保するか、という手段の一つに「長時間労働の是正」があるだけで、長時間労働であっても「魅力が勝る」なら全く問題ないと思います。

ただし、簡単に「魅力ある職場」は作れないとは思います。

ならば、業績を向上させる手段として「働き方改革」をすすめ、人材を確保する方が「簡単」なわけです。

魅力のない職場は人材流失し、利益が減って淘汰されるのですから、黙っていても業績が上がり、利益が増えて、給料に還元できますからね(笑)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント