2019年04月01日

4月1日

本日より改正された労働基準法労働安全衛生法労働時間等設定改善法が施行されます。

単純に「休日を確保」したり「労働時間を削減」したということだけではなく「労働時間の把握」が大切になり、その証拠となるものを用意する必要があるでしょう。

建設業への規制適用は5年間猶予されますが、いち早く取り組むべきとは思います。

「今年度より業界トップの社内環境や待遇を目指します!」
などと新年度の社長訓示で謂ってもらえると良いですよね(笑)

例えば、選挙のマニフェストのように

給与体系を明確にて、給与水準を業界地域トップにします!
・土日祝日、有給休暇に加え独自の休暇制度を作ります!
・社員育成を積極的に行い、離職を減らし技術継承を進めます!
・育児休暇からスポーツ支援まで福利厚生を充実させます!
・効率的
な業務運営で定時退社とします!

など社員の士気を高められると良いと思います。

最後に「本日はエイプリルフールです」と加えないと大変なことになりますけどね(おいっ!)

でも、上記のマニフェスト少しずつ「実現化」している中小建設会社があることだけはホントですよ。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント