2019年03月27日

ポジティブではなくプラス思考


さて、私がお手伝いしている「ある現場」竣工検査が行われました。

「楽しく無ければ現場じゃない!」スローガンに一致団結して取り組み、最後は「良い出来」で完了させられたと思います。

現場の努力やこだわりも伝えられたようですし、発注者からも「労いの言葉」感謝の言葉をいただけたようです。

検査員さんからも「どんな困難があってもプラスにしかとらえないんですね」と言われたそうです。

これが「ポジティブ」と言われたならば「楽観的ですね」との意味になりますが「プラス思考」と言われたのは良いことです。

プラス思考とは、何か問題があったとしてもそれを乗り越えれば、いずれ自分のためになると考えることを言います。

つまり、失敗や課題などの悪い状況を「次に活かす」ことを考えるのが「プラス思考」です。

「困難があってもプラスにしかとらえない」のは、困難が自分の成長の糧であり、それが会社発展の「礎」となると信じて頑張ってくれているからです。

ボヤ〜っと何もせず、困難も無く過ごすことは「楽しくない」ですよね。

困難や失敗を乗り越えて物事を達成できると「楽しい」を感じることができるのです。

だから「楽しく無ければ現場じゃない!」というスローガンを立て、取り組んだからこそ「苦労が報われた」のだと私は思います。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント