2019年03月26日

何をしていいのか

先日「評価はどうでも良い」と言った現場代理人さんを批判する記事を書きました。

ちょっと「厳しい言い方」をしたのですが、無責任に迷わせるような発言だったかもしれないと反省しています。

実は「その後」にメールをいただき「何をしていいのかわからないし、何ができるのかわからない」とのコメントがありました。

本当は「どうでも良い」なんて思っておらず、ただ自分に自信を無くして私を頼ってくれたのだと分かりました。

それを冷たくあしらってしまったのかもしれません・・。

さて、では「なぜ自信を無くしてしまった」かと考えますが、多分、誰かと比べているのではないでしょうか?

もちろん、誰かより勝っているものがあれば「自信」になると思いますが、それは常に「勝り続け」なければならないことにもなります。

私はクライアントさんに「高い工事評価点が目的ではない」と言っています。

そんなものを「達成目標」にして目指していては大成しません。

例えば「楽しく仕事する」という目標に向かってチャレンジしている過程「高い評価点」が得られているのです。

つまり「何をしていいか分からない」ではなく、何でも良いから目標を決めて「チャレンジ」することから始めるべきと思うのです。

別にそれが失敗しても良いと思います(私は無責任なので・・笑)

でも、失敗して、試行錯誤して、達成できた時、それが一番「楽しい時」になると思いますよ。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(2)clip!自己研鑽 

この記事へのコメント

1. Posted by まつお   2019年03月26日 10:51
僕はプライベートも含めて99%以上失敗です(笑
でも周りに助けて頂きながら楽しんで生きてますwww
その現場代理人さんにもこの感覚を味わって欲しいですね。
2. Posted by nikumaru   2019年03月26日 11:53
■まつおさん
失敗を認めて「次の糧」とする人、失敗を認めず「言い訳」や「取り繕い」だけを考える人。
当然「楽しい」に「差」がつきますよね。

つまり失敗と認めることが出来たら、それは失敗から経験に変わり成功に繋がるわけです。

「99%が失敗」していたとしても、それ以上の成功を体験し「さらなる上」を目指していることを自慢できると良いのです!

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント