2019年03月19日

検査がピークかな?

年度末となり「しゅん工検査」が増えています。

私の周囲では今週末がピークのようで「現場完了報告」「書類についての問い合わせ」が届いています。

私の考え方が浸透してきたのか、現場担当者さんの多くが「検査を楽しみ」にしてくれているのが嬉しいですね。

自分たちの努力苦労こだわり技術をアピールできる場が「検査」ですからね。

ちなみにアピールをパワーポイントなどを使った「プレゼンで行う」と考えている人もいるようです。

それも悪くは無いと思いますが、それが「上辺」だけであれば意味は無いです。(検査員さんも見るだけ無駄と感じるでしょう)

別にパワポで「プレゼン」を行わなくても書類の中でアピールを「魅せる」ことができます。

ちなみに「考査項目をクリア」していることをアピールするという方もいますが、10年前ならともかく、今やどの建設会社も考査項目をクリアできるようにしているでしょう。
(テストの答えが書いてあれば答えを見るのは当然ですよね)

出来形や出来映えにしても全ての建設会社が最低限80%という数値をクリアしているはずです。
(出来映えも満足にできない所は公共工事から手を引くべきです)

つまり、それらは「当たり前」のことです。

クライアントさんや普段から私とコミュニケーションをとってくださる方は「そのあたり」を理解してくれているようです。
(私がシツコク何度も話すからでしょうが・・笑)

だから「検査が楽しみで仕方ない」のでしょうね(意味深)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント