2019年03月18日

不思議ちゃん

「肉丸さんにウチの会社の”不思議ちゃん”を紹介します!」

訪問した現場の所長さんが「おもしろいネタにしてください」とニコニコしながら話てくれました。

私は「不思議ちゃん」というか、俗に「天然」と言われるタイプは嫌いではありません。
(むしろ女性なら好きなタイプで家内も天然気味です・・爆)

残念なことに所長さんに連れられてきたのは男性でしたが、武骨で強面が多いという建設業界のイメージを変えることができる人財でした(笑)

体の線が細いだけではなく、話し方も「ふんわり」としていて彼の周囲だけ時間軸が違うような気がします・・。

また、北海道には野生のシロクマがいると思っていたらしく「野生のシロクマはいないけれど、番犬代わりにヒグマを飼っているウチが多い」と言うと真に受けてしまいました・・(汗)

さらに将来はどのような人になりたいかと聞いたところ、公認心理師になりたいと言われたときは一度聞き直してしまいました。
(私は会社でどのような立場、仕事をしていきたいかという意味だったのですが・・)

しかし、建設業界も働きやすい職場環境づくりのためメンタルヘルスなど「心のケア」を行う必要があります。

今後、必ず建設業界で必要とされるので頑張れと伝えました。
(かなり無責任ですが・・笑)

先日、彼から「公認心理師は受験資格などハードルが高いが、メンタルヘルスケアについて今後も勉強し会社に貢献したい」とメールが届きました。

会社で「不思議ちゃん」とイジラレているようですが、悪気ではなく可愛がってのことでしょう。

周りに流されず自分の信念を貫くことができることは「立派な武器」でもあるのです。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(6)clip!ざれごと 

この記事へのコメント

1. Posted by 家庭内横領(今朝から嫁に締められ中)   2019年03月18日 08:35
素晴らしい人財ですね。
私みたいに土木から3D管理のために関連のプログラミングを覚えたみたいな縦にも横にも軸に土木という小さな三角形の私より、より大きなライフスト-リーやライフプランニングです。よっぽど、X軸Y軸の大きな三角計の人財になれそうですね。すばらしい人財だと思います。
2. Posted by kathu   2019年03月18日 09:23
ネタ頂いて私見です。ADHDと最近よく言われる、注意欠陥多動性障害と見られる人なんでしょうか?私は、注意多動性の個性があると私は思っています。(障害ではない)行動結果がまずいことはあっても、間違いの結果でなければ障害ではないと考えてます。他人から見れば、いや間違いの結果が出たと思うのでしょうが、回りの人のフォローで修正できることならば、それもまた、その人の個性で、視点を違う仕事への取り組みではないかと。でも組織とすればどう見てどう対処するのか悩みはタネですね。色々な視点、行動を行う部下を組織はまとめないといけません。私には、できないです。にくまるさんの情報が少しでも、私のにくになれば、にくまれない、にくい男になれるかな?と読ませていただいてます。
3. Posted by nikumaru   2019年03月18日 16:24
■家庭内横領さん
女性どうしは分かりませんが、男性どうしで「天然」とか「不思議ちゃん」と言われるのは「可愛げ」があるからです。

可愛げが無いと「変なヤツ」「空気読めないヤツ」「付き合いにくいヤツ」などと言われてしまいます。

「自己満足」ではなく「相手のこと」を考えて「自虐」もふくめて楽しませる気持ちの有無が大きな違いかもしれませんよ。
4. Posted by nikumaru   2019年03月18日 16:25
■kathuさん
ADHD(の疑いのある)技術者を雇っている会社に対してもコンサルティングしていますが、正直なところ「個性」と考えています。
人間の能力や個性はそれぞれに違いがあり、それを補いながらモノを作っていくのが「会社・組織」だと思います。
一人はいくら頑張っても「1のチカラ」しかありませんが、組織は十人いたら「20のチカラ」にすることも可能なのです。
また私は「脳の大きさ」が同じであれば処理能力は同じと考えています。
つまり、現在目に見える能力が自分と比較して0.7しか無くても、他の部分で自分より勝る1.3の能力があるかもしれないということです。
それを見つけて伸ばすことができると合わせた力が2以上になるわけです。

また「フォローして修正する」というのも上から目線なのです。
例えば、私は「細かなチマチマした作業を繰り返す」ことはイライラして嫌いですし、嫌いだから気分転換しながら作業するので能率が悪いです。
でも中には「チマチマした作業が好き・苦にならない」という人もいるわけで、自分の不得意なことを「お互いにフォロー」できると考えると良いのです。
5. Posted by 家庭内横領(夜の3時まで締められました)   2019年03月19日 08:13
 相手を楽しませる。そのとおりです。
何をするにしても、次何やるんだあいつと
まわりをわくわくさせたらそれは素晴らしいことです。それが一見仕事とは関係ない事でも私はこれからの時代ものすごくありなライフプランニングでありライフストーリーであると思います。

という私は、嫁の前で日曜にハメを外し過ぎて、、、、、それはもう、、、、眠いです
6. Posted by nikumaru   2019年03月19日 08:49
■家庭内横領さん
キミに一番足りない部分だからね。
頭で理解しただけではなく、少しずつ「実行」していくこと。
(まずは奥様、次は会社の同僚にね)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント