2019年03月08日

一緒に目指すべき姿

初めて訪問した会社では掲示されている「企業理念」を必ず見ます。

経営理念や社是、ビジョン、クレドなど言い方はいろいろあるかもしれませんね。

どちらにしても、会社の個性を出し、働く姿勢を示し、地域に貢献し、社員を幸せにする、という会社の「向かうべきカタチ」が描かれていることが多いです。

私はそれを見て、現状と比較することで「何をすべきか」が見えてくるわけです。

理念を示していない会社もあるのですが、その場合は経営者さんの考えをお聞きします。

中には「理念やビジョンは必要ない」という経営者さんもいるのですが、そのような会社の従業員さんは「ウチは社長個人が儲かればよいという会社だよ」と言われますね(笑)

金儲けのためだけに仕事をする会社や個人主義だらけの会社では仕事したくないですよね。

さて、企業の変革を図りたいとの思いから私と契約していただいた建設会社さんがあります。

契約にあたり条件として、どうせ「変革」するのであれば「企業理念」から変えてほしいとお願いしてしまいました。
(生意気なヤツで申し訳ないです・・汗)

先日、その会社を再訪し、経営者さんとお酒を飲みながらお話しさせてもらったのですが、酔いもあってか何度も「会社のビジョン」を私に語ってくれました。

それは体面上ではなく、本当に従業員と一緒に「目指すべき姿」であるわけで、私との契約に関わらず、この会社は「強くなる」と感じましたね。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント