2019年02月05日

添削増加

年度末が近づき、工事も佳境を迎えているのか「工事書類の添削」を頼まれることが増えてきました。

多くの工事書類が一人、あるいは担当を決めた分担で作られていますが、意外と「チェック機能」が無いのです。

個々の「思い込み」で作成されているものが多く、相手に「上手に伝わらない」内容だったりします。

もちろん「出来形」「数量調書」など「数値の羅列」は問題ありませんよ。

ただ、どこの工事現場も規格値の50%か80%以内に収まっているはずですから、数字での「差」というのはほとんど無いでしょう。
(数字で差をつけられるような施工をしている会社は・・・・・)

同じような「出来形・品質」「評価に差がある」としたならば「理由」があるわけです。

添削と言うのは文章などをよりよいものにするために修正することですが、私の場合は「根本から書き換え」ということもあります(笑)

また工事写真なども「上手に表現できていない写真」などもあり「このような写真を撮ってほしい」などと「次の現場」に繋がるような指摘もします。

場合によっては「厳しい指摘」をすることもあり、心の中では「嫌われてしまうかなぁ」と思うこともあります。
(厳しいのは期待の裏返しなのですよ・・・笑)

でも、どの現場も課題や制約がある中で、苦労してマネジメントを行い、危険な作業もある中で命を懸けて仕事をしているわけです。

ならばマネジメントの魅せ方「表現方法の違い」「差」がついては悔しいですよね。



solisoli at 07:30│感想とツッコミ(4)clip!ざれごと 

この記事へのコメント

1. Posted by 北野皆人   2019年02月05日 08:38
一人で全てをやるとき、チェックは時間があれば翌日にします。そうすることで考えがリセットされおかしいところが見えてきます。
2. Posted by 青空一番   2019年02月05日 09:59
5 私もそうしています。
次の日読むと、「これはちょっと」と感じる事
思い入れ強い案件ほど多い気がします。
知らず知らず自己満足の世界へ
肉丸様の添削で目覚めさせていただいております。
私の場合は修正ではなく全取っ替えですが。(笑)
3. Posted by nikumaru   2019年02月05日 10:48
■北野皆人さん
客観的に見ることが一番大事ですからね。
でも自分だけが分かる「思い込み」はあるものです。

私も偉そうに言いながらブログの文章は思い込みなので、相手に伝わらないことも多いと思っていますよ。
ブログは趣味なのでそれでも良いのですが、仕事となるとそうはいかなくなりますね。
4. Posted by nikumaru   2019年02月05日 10:49
■青空一番さん
あなたには「期待」しているので添削も厳しいです(爆)
でも少しずつ「成果」が出ているので「効果あり」でしょ?

以前はあなたの添削に「丸一日」掛かりましたが、最近は1時間程度で済むようになりました(笑)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント