2019年01月30日

フーフー

昔の話ですが、テレビやラジオの調子が悪くなった時に「叩いて直す」ことがありました。

当時の電気製品はコンデンサやハンダ付けされていたので「接触不良」が起こりやすかったのです。

さすがに現在の電子機器はミクロ化された部品が基盤に直付けされているため「叩いて直す」こともないでしょう。

さて、4年ほど前にNikonS7000というコンデジを購入し、1ケ月くらい使ったのですが充電しても動かなくなりました。

電源を入れるとレンズは動くのですが、それ以降はフリーズする状態で、結局そのまま放置していました・・。

久しぶりに電源を入れてみましたがやっぱり起動しません。
(バッテリーが放電したと思いバッテリーを購入したのですが・・)

そこで「NICON レンズエラー」で検索すると10年以上前の書き込みに2004年製のNIKONの機種が「レンズに息を吹きかけたら直った」と書かれていました。

そんなバカな・・・と思いましたが、モノは試しと「フーフー」とやってみたら・・・。

動きました!(爆)

情報サイトには同じように「直った」という方の書き込みがあり、機種こそ違いますが「同じメーカー」10年以上も同じエラーを出し続け、さらに原始的な方法で直るのは「ある意味スゴイ」です(笑)


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント