2018年11月27日

自分は悪く無い

誰でも自分の非はなかなか認められないものです。

私も「失敗」を上司に報告できず、自分で何とか解決しようとして「さらに失敗を広げた」ことがありましたね(汗)

さて、あるゼネコンさんの建設現場で、資材調達の連絡ミスがあり、納品が1週間ほど遅れることになりました。

協力会社の段取りなどに大きく影響するためか、所長さんは元気がなく「疲れている」のようです。

私の「大丈夫ですか?」という言葉に大きく反応し、一気に所長さんは「疲れの原因」を話始めました(笑)

工程や協力会社の段取りは何とかなるそうで、問題は連絡ミスをした人のようです。

次に「同じミス」をしないように諭したところ、悪いのは自分ではなく「資材会社が再確認しなかったからだ」と自分の責任を認めないそうです。

さらに資材会社に「余計なこと」まで言ったようで「トラブルも発生」したとのこと。

そして「自分にこんな事をやらせた所長が悪い」などとも言っているとのこと・・(汗)

何を言っても「拒否反応」するようで、所長さんの「疲れ」もわかります。

今は個人主義に陥いって防衛反応を示していますから、所長さんはこれ以上叱らずに、まずは相手が落ち着くまで「待つ」しかないかなぁ。
(私も相手と面識があれば「客観的な意見」を伝えるなどできるのですが・・)

明日に続きます。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント