2018年11月12日

ご飯論法

今年流行した新語・流行語の中に「ご飯論法」という言葉がありました。

流行に遅れているのか、勉強不足でして「ご飯論法」という言葉を知りませんでした(汗)

論点ずらし・はぐらかしなどの手法の意のようで、国会答弁を皮肉った言葉なのですね。

確かに自分の都合の良いほうに話をねじ曲げる人や話の論点を逸して有耶無耶にしてしまう人がいますね。
(つい先日、経験しました・・)

いや、私も意図せずに「自己防衛手段」として行っているかもしれません。
(心当たりは多々あるな・・汗)

自分を棚上げしますが(おいっ)、仕事での交渉相手が論点をすり替えてきたときはイラッとしますね。

さて、「ご飯論法」とまではいきませんが、多数の解釈ができる言葉を使って、何かあった時に「責任逃れ」しようとすることもあります。

例えば朝礼時に「注意してください」という指示、またその指示に対して「努めます」という返答

これもある意味、意図的に、あるいは気づかないうちに「はぐらかす」事になっていると思います。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント