2018年11月01日

何言っているか分かんない

友人に連れられて、ある建設会社を訪れました。

当然、相手は「私」のことを知らないわけですが、友人は私のことを「工事評価点を上げる人」と紹介していたようです。

社長さんは大歓迎してくれているのですが、工事部長さんは「働き方改革が望まれる中、工事評価点を上げることにジレンマを感じる」と言われました。

最初「ちょっと何言っているか分かんない」状態でしたが、要は「残業してまで良い書類を作って点数取るのは反対だ」ということのようです。

私の頭の中に「そのような考え」が無いため「意味が分からなかった」わけです(笑)

すると友人が「だからこそ、肉丸さんの話を聞いてほしいとお連れしたのです」と言ってくれました。

というか、未だに「書類の量=評価点」とか「書類に手間をかけると良い評価を得る」などと思い、残業して「無意味な書類」を作成している人がいるのですね。
(決して嫌味ではないです)

何かで調べたわけではありませんが、少なくとも「私の周囲」で、高い評価点高い利益を上げるようになってくれた人は、比例して「残業も少なく」なってくれています。

・・と言うと、相手の工事部長さんが「ちょっと何言っているか分かんない」状態になったわけですが・・(笑)


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(4)clip!ざれごと 

この記事へのコメント

1. Posted by 136番   2018年11月01日 11:44
にくまる様

 「残業してまで良い書類を作って点数取るのは反対だ」から「残業を減らして良い書類を作って点数取るのだ」になるのでしょうか。

 でも、大半の人が前者のような気がしますが(笑) せめて、「書類や現場にひと手間かけて点数を取る」ようにしたいなあと思っています。

ちょっとした工夫。ひと手間が楽しいと思うのですが。。。そんなことを仕事が終わってから考えてしまう土木屋。残業ですかね(笑)
2. Posted by nikumaru   2018年11月01日 21:38
■136番さん
高評価を連発している136番さんは良くお分かりと思いますが、「ひと手間」は必要です。

でも、それって1日もあれば十分で、毎日残業しないですよね。


私のセミナーを3回くらい聞いていただけると理解していただけるようです(笑)



3. Posted by kathu   2018年11月02日 06:51
ひと手間は必要です。そして 視点を変えて考えれる人は1日もあれば十分でその ひと手間を加えます。分からない 視点を変えれない人は残業ですね。私もその類です。視点を変えてみれる人は にくまるさんのセミナー 1回聞くだけで分かると思います。これ 誉め言葉ですけど分かる人は、にくまるさん 毎回同じことを話してる。と思っているのじゃないかと。本質が同じですから同じ話に感じるのです。それは言葉にひと手間、いやそれ以上かけてくれているからです。また次回のセミナー聞いてもっと深めたいと思うのです。
4. Posted by nikumaru   2018年11月05日 08:12
■kathuさん
宣伝ありがとうございます(笑)

セミナービデオを見た人から「30回目で気づいたことがあります」などと言われます。

別の人からは「仕事で行き詰ったらビデオを見てます」などとも言われます(笑)

セミナーでの話は「下地づくり」なので、手間がかかるように感じられますが、そもそも「何もしていない」から最初は手間がかかるわけです。

2回目以降は「残業が少なく」なって、成果が勝るわけですから「楽」になるのです。

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント