2018年10月31日

全体最適を考えられないのはダメ

会社から「期待されている」などと言われると期待に応えたいですよね。

さらに「できない人間」だと思われたくないという感情も出てくるかもしれません。

特に「自己防衛本能」が強い人は「予防線」を作り、無意識のうちに誰かに責任転嫁しようとしたりします。

さて、会社も諸事情がありますから工程も利益も厳しい工事を受注することもあります。

ある会社では、少しでも「利益」となるよう、その工事を会社の将来を背負うであろう人に担当させました。

ちなみに「利益」というのは、目先の利益ではなく、難易度の高い工事で得られる担当者の経験が「将来における会社の利益」ということですよ。

ところが担当者さんはプレッシャーを感じているようで、会社が決めたことに「納得」できないようでした。

さらに「自己防衛本能」も出てきて、発注者会社の体制などに対しても愚痴が出始めました。

でも、ここが正念場です。

納得できないことや不条理を感じることもあるでしょうが、会社の全体最適を見据え、逃避せず立ち向かってほしいですね。


この記事へのコメント

1. Posted by 北国の建築屋   2018年10月31日 12:11
ご無沙汰してますが毎日拝見しております♪

その方のターニングポイントですね!これを

チャンスと捉えて立ち向かってほしいです!
2. Posted by nikumaru   2018年10月31日 21:37
■北国の建築屋さん
そのチャンスをポジティブに捉えるか、ネガティブに考えるかが「境目」なのですが、若干ネガティブ気味だったので、久々に「怒ったふり」をしてしまいました(笑)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント