2018年10月25日

ルーティン

ある読者さんがご自身の「ルーティン」についての意見を発表されていました。

仕事前に「予定確認メール確認コーヒーを飲みながら一日の段取りを考える」というルーティンを行い業務を開始するとのこと。

このルーティンが崩れると「しっくり」とこないそうで、無意識に行っていたルーティンを振り返り、自分の成長のためのルーティンにしていきたいとのことです。

ルーティンとは、決まり切った仕事や手順、日課、習慣などのことですが、自分がリラックスできたり集中できたりするのは「慣れ親しんだ習慣」にあるときだと思います。

さらに勝負事などになると「願掛け」もありますし、常勝軍団は「勝利の方程式」というのも持っています。

つまり、能力がある人こそ「仕事の方法」としてのルーティンを持っているわけです。

「コーヒーを飲みながら段取りを考える」というのもリラックスして1日の計画を考え、手順や発生するかもしれないリスクも想定できるかもしれません。

そして「ルーティン」残業を減らすことにもなります。

例えば、写真整理に何日も残業してしまう人は、その日に撮影した工事写真は必ず「その日のうちに纏める」ことをルーティンにするだけで残業は減りますからね。
(出来形や品質管理も写真が整理されていればすぐに作れてしまう書類です)



感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント