2018年10月10日

あげみざわ

私は「土木」だけではなく「公共建築」もお手伝いすることが多かったりします。

効率化やイメージアップなど、建築も土木も同じようなことで悩んでいますからね。

先日は県立高校の改築工事(リニューアル)現場を訪問させてもらいました。

生徒たちに向けて「工事の広報活動」を考えているようで、現場の見学会なども企画していました。

ところが、マジメな社風「そのまま」でして、広報やイベントの企画がおカタイ内容「おもしろみ」がありません。

広報やイベントを実行することが「目的」ではなく、生徒たちが仕事に興味を持ってもらい、工事の理解や協力をしてもらうことが「目的」です。
(さらには、将来建設会社への就職も・・笑)

ならば、現在の高校生のニーズに見合うモノを提供する必要があるわけです。

TikTokの活用提案をしたのですが、現場担当者が追い付かないようなので(笑)、とりあえず「インスタ映え」できるものを作っていただきました。

その結果、生徒たちも笑顔で楽しそうだったと聞き、私も「マジあげみざわ」です(おいっ!)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント