2018年08月07日

ネガティブな週休2日

正直なところ、私は「建設業の週休2日」は難しくないと考えています。
(いくつも実績がありますし・・笑)

要は「やり方・考え方」ですが、それを「誰が」という部分が大事ですね。

さて、先日訪問した現場は進捗率が8割を超えた中、週休2日を達成していました。

しかし、訪問先の所長さんは週休2日に対して「ネガティブな話」しか出ません・・。

基本的には「よく聞く」下請けや作業員さんの収入確保とのギャップを嘆いている感じかな。

そのために「現場ができること」を考えているようですが、そもそも私は「現場」で考える問題ではないと思っています。
(だいたいモデル現場などと「現場単位」で行わせる発注者が悪いと思います)

冒頭で「やり方・考え方」と書きましたが、現場でできることは工夫や「効率化」「休むことができる機会」を作ることくらいです。

何より「一人当たり」やるべき仕事量が同じであれば、労働時間を短縮すると「密度」が上がるだけですからね。

私は「働き方改革」ではなく「働かせ方改革」であり、雇用制度の改革「先」にすべきと思っています。

それすらも「現場任せ」であればネガティブな話か出てこないわけです。
 (発注者の労務単価が・・などと言っている時点で遅れていると思いますよ)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント