2018年08月06日

長岡の花火

以前、自分の仕事を聞かれたとき、放浪の天才画家「山下清」をリスペクトして「全国を放浪し、絵(イラスト)を描いている」などと称していました(笑)

その山下清画伯の最高傑作でもある『長岡の花火』を展覧会で見たことがありますが、花火だけではなく群衆まで、とても詳細に描かれていたことを記憶しています。

ということで、先週、長岡市に行き「長岡の花火」を実際に見てきました!

打ち上げ場所に近い良い席を用意していただいたので「自分の視界以上」に広がる花火に感動でした。

フェニックス特に「泣ける花火」と言われている「フェニックス」はホントに感動ものでしたよ。
(写真が下手でフェニックスに見えない・・汗)

花火にはそれぞれ協賛企業がついているようですが、その中には「地元建設会社」の名前もあり、地域を支えている建設会社の良いアピールにもなっているようです。

各地区で行われる花火大会はスポンサー不足で縮小傾向という話を聞きますが、こういう時こそ「地元建設会社」が支えてほしいと感じました。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!紀行文 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント