2018年08月01日

施工管理できる人

数年前に何かの会合で名刺交換した「人材派遣会社」の社長さんから「土木施工管理ができる人がいたらご紹介ください」とのメールが届きました。

もう忘れかけていた私のようなものにまで相談するとは、人材派遣会社は「人の数」ですから大変なのでしょう。

でも、ぶっちゃけ「良い人がいたなら、先にクライアントさんに紹介」しますわ!
(・・とは言わず、丁寧に「返信」させていただきました)

ちなみに、私のクライアントさんは「優良な建設会社ばかり」ですから、転職したいという方がいましたら、ぜひご連絡をください(おいっ!)

とは言え「優秀な人財」を集めたという建設会社と、いかに若手を「優秀な人財に育て上げたか」という建設会社、どちらが「優良な建設会社」であるかはハッキリしていますよね。

人財育成はお金と時間と手間が掛かる・・など目先重視での考えもダメとは言いません。

でもそれは、とりあえず「今のままで良い」あるいは「縮小しても仕方ない」というあきらめであり「会社を成長させ発展させるぞ!」という気持ちが無いわけです。

成長をあきらめている会社に「入社したい」と思う人はいません。

一人前に育った人財が活躍した結果があるから「優秀な人財が集まる」ことに繋がるのだと思います。

人財が不足しているのは、今まで「それ」をしてこなかった「ツケ」なのかもしれません。

そこに気づくと、今から「変わる」こともできますよね。
(そのあたりもぜひ「ご相談」ください・・笑)


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント