2018年07月31日

eスポーツ

高校野球シーズンが近づき、スポーツは汗と涙に感動できますね。

さて、東京オリンピックのアジアにおける前哨戦ともいえる「夏季アジア大会」が8月にジャカルタで開催されます。

中でも注目は公開競技ではありますがコンピューターゲームでの対戦をスポーツ競技とした「eスポーツ」です。

先日、あるベテラン土木技術者さんと話をした際、スポーツは「汗と涙に感動」するもので「指先でピコピコやるのをスポーツと言えない」と言われていました。
(クライアントさんではありませんし、当ブログも読まれていない方です)

もちろん私も「汗と涙」は好きですが、それならば機械の技術が左右される「モータースポーツ」も否定することになるかもしれません。

時代によってスタイルや価値観が変わるのは「当然のこと」です。

例えば、建設業は生産性向上を図るため「i-Construction」の名のもとにIoTやAI、ロボットなどを活用していきます。

仕事に対する姿勢や拘りという根本は変える必要はありませんが、時代に合わせ、新しいものを取り入れ、新たな価値観「未来」を創っていくことが「土木技術者」だと思います。

新たなものを否定したり取り入れなないのは「技術者」としていかがなものかと感じました。

「eスポーツ」だって「汗と涙に感動」できますよ。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(2)clip!ざれごと 

この記事へのコメント

1. Posted by まつお   2018年07月31日 09:29
いかにも日本人らしい考え方ですねw
eスポーツは随分前から世界的に認められてますし、プロ選手やREDBULLアスリートも沢山いますからね。
2. Posted by nikumaru   2018年07月31日 15:51
■まつおさん
i-conに絡めてみました(笑)

翼をさづけてもらいましょう!


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント