2018年07月03日

パワハラ

受注者と発注者の関係は「公平」ということになっています。

しかし発注者側の人の中には「勘違い」している人もいて「偉そうな態度」を取る人もいますね。
(まぁ、私は鼻から公平とは思っていませんが・・笑)

数年前、ある現場担当者から「発注監督員とコミュニケーションが取れない」と相談をいただいたことがあります。

まず、態度が「横柄」で、現場での「立合い」は常に「苦虫をかみつぶしたような顔」で行い、口を開けば「無理難題」を言うそうです・・。

そのような人は「可哀想な人」なので、反抗するのではなく、相手を少しずつ認めてあげると良いでしょう。

実際、その現場でも後半はかなり「打ち解けて」きたようです。
でも、相手の性格を変えたわけではありませんから、また同じように高圧的な態度を繰り返すでしょうね。

実は、最近になって、その人が部下にパワハラを働いたと労働組合から糾弾されていると聞いたものですから・・。



solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント