2018年06月07日

広島での勉強会

先日の「岩手での勉強会」に続き、西日本のクライアントさんを集めて広島で勉強会を行いました。

中国地区の会社はもちろんのこと、京都や愛知、福岡からも集まっていただき「大盛況」となりました。
(建機メーカーさんまで参加して立ち見となるほど・・)

i-construction大賞を受賞した会社や、私が日本で一番i-conが進んでいると評価している会社など、参加した会社はICTレベルも高いのですが、あえて「i-conの話題」は行わない内容です(汗)

広島勉強会今回は20代から30代の「若手土木技術者」の取り組みを中心に「現場のマネジメント」を各社に発表してもらいました。

工程管理や近隣対策、コンクリート打設のマネジメント手法など各自の「拘り」が感じられる発表ばかりですし、質問などもレベルが高く、とても「学び」になったと感じました。

若手だけではなく、35年目のベテランにも発表してもらいましたが、仕事を進める中で「新しい気づき」を見つけ、まだまだ自分は成長できると感じた話なども良かったですね。

さらに、発表者がプレゼン中に声を詰まらせ「泣いてしまう」というハプニングまでありました(汗)

これだけ「思い」の入った「熱い勉強会」が他には無いと思います。

休憩を取る間もないほど充実した勉強会になりました。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント