2018年04月26日

IOTで働きやすい建設現場に

ICTなどを活用して、効率化など建設業の生産性向上を行い、働きやすい魅力ある建設現場を目指すことがi-Constructionです。

現状では「3D測量」「マシンコントロール」など施工効率の向上策が多いと思いますが、根本である「働きやすい環境」はマダマダ「やり足りない」と感じています。

週休二日などの「休日確保」が進められていますが、働きやすいというのは「それだけ」ではありませんよね。

さて、ICTの活用ですが、今後は「IOT」と言われる「モノのインターネット」も建設業に導入されていくでしょう。

実際、既にコマツさんなどのi-Construction推進コンソーシアム「LANDLOG」というオープンプラットフォームを実施しいてます。

ということで、私達もIOT「働きやすい現場環境」を構築する「提案」をしていきたいと思います。

カンタン健康管理その名もカンタン健康管理(仮称)です!
(名前が安易すぎるかな・・・笑)

スマートフォンで作業員さんの健康状態を確認し、必要に応じて飲み物や栄養素を事務所に設置したサーバーから「その場で供給」するシステムです。

熱中症対策はもちろんダイエットを含めた健康増進(ギクッ!)まで使ってもらえると良いですね。

今後「詳細」を告知していきたいと思います。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント