2018年04月18日

ご迷惑をおかけします

私は公共工事において「ご迷惑をおかけします」と表すことを反対しています。

例えば、工事のお知らせでも「ご迷惑をおかけします」ではなく「ご不便をおかけしますが、迷惑をかけないよう配慮します」が正解だと各方面で話しています。

迷惑とは辞書によると「人のしたことで不快になったり困ったりする・こと(さま)」のことです。

マンションなどの特定の人に利益がある工事であれば「迷惑」をかけることになりますが、道路工事など公に利益をもたらす公共工事は「迷惑」という言葉に該当しないと思うわけです。

どちらにしても、工事に関係する人の多くは「迷惑をかけないように努力」しているわけですから、最初から「迷惑をかける」と宣言しては、「不快になるようなことはしてほしくない」と思われるのは当然のことです。

しかし、法律を遵守しているとは言え、普段の生活にはない騒音や振動が発生し、通行などにも支障をきたすこともあり、相手が「不快」に感じられることもあるでしょうね。

さて、エレベーターから降りる人がいると、私は「開くボタン」を押して、その人がドアに挟まられないようにします。

すると「すみません」と言う人と「ありがとう」と言う人がいます。

多分、私が気を使ったことに対して手間(迷惑)をかけたという意識から「すみません」と言うわけですが、私の気持ちとしては感謝を表す「ありがとう」と言ってもらえるほうが嬉しいです。
(私もエレベーターに限らず感謝の言葉を言うようにしています)

公共工事においても「おわび」ではなく「善意」「感謝」を伝えるべきですし、そのために不便をかけた地域に対し「貢献」していくべきと思います。


感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント