2018年03月09日

8年目

東日本大震災から7年が経ち、日曜日から8年目の時間を刻みます。

被災された方々とそのご家族の皆様に改めて心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

震災後に釜石と陸前高田に親友もでき、私は7年の間で、20回以上現地に行きました。

今は彼らに会わずとも必ず釜石と陸前高田を訪れることにしています。

特に陸前高田は最初に見たショッキングな風景から「7年の変化」を感じますが、まだまだ「やるべきこと」は多い感じています。

また、被災地を巡り、多くの人と語ると建設業の未来、ひいては日本の未来が見える気がします。

例えば、高齢者や福祉等の地方における社会的問題は、今後直近するであろう「日本の課題」が少しだけ早く来ているように感じます。

建設業関係にしても、人材不足やCM方式を含めた入札制度など、今後の地方建設業における「対応のヒント」があるように感じるわけです。

あの悲劇をガッチリと受け止めて「良い未来」を創ることが私たちの使命ですよね。




solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント