2018年02月19日

能力ある若者

開催前は、政治色が強く、あまり盛り上がらないかと思っていたオリンピックですが、選手達の頑張る姿を見ると否応なしに盛り上がりますね。

私のような「おじさん世代」は、スポコンものに慣れ親しんでいて、私は「努力・根性」なんて言葉が好きだったりします。
(プレイボール2も即買いしています・・笑)

スポーツ選手のドキュメンタリー番組を見ても、多くが「挫折〜努力〜栄光」というストーリーで、血を吐く思いで頑張って勝利することに感動させようとしているように感じます。

しかし、最近のオリンピックで活躍した若い選手のインタビューでは「楽しめた」「自分を出し切れた」などという言葉が多いです。

羽生選手にしてもメディアは「怪我からの再起」を伝えようとしていますが、本人は「違う次元」にいるように感じました。
(私の想像にすぎませんけれどね)

どちらにしても、能力ある若者を育てるには、努力や根性よりも「楽しむ」ほうが勝るのは「当然」のことと思うわけです。

特に建設業界は努力と根性のみで若者を育成しようとしている気がします。

それでは逆境に打ち勝つことができるようにはならないかもしれないですよね。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(2)clip!ざれごと 

この記事へのコメント

1. Posted by まつお   2018年02月19日 08:28
本気で楽しむから努力が必要。
本気で努力するから楽しめる。
僕はイコールだと思っています。
最後はその競技(仕事)がどれだけ好きか?が楽しめるかやらされてるかの差なのかな?と思います。
昔はオリンピックで楽しめたって発言は日本ではタブーでしたからこれも時代ですね。
2. Posted by nikumaru   2018年02月19日 09:44
■まつおさん
普段、ブログでセミナーネタは封印していますが、特別に私の「セミナー」より・・(笑)

何事もうまくやれるようになるためには、たとえ才能があったとしても努力が必要。
ならば、つらい努力をするか、楽に努力をするか。

つらい努力は長続きしない、というか、そもそもそれは単なる「苦痛に耐えている」であって、努力ではない。
楽に努力をすること、努力を継続するための工夫も含めて「努力」と言う。

「努力できる人」は、多大な努力をそれほど苦労と思わずにできる人(私はまだこの域には達していません)
でも、努力を続けることで得られる「喜び」を知ることはできる、何か目標が達成して「やった!」と感じることができる。

だから建設現場では・・・(と続きます・・笑)

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント