2018年01月25日

報告書と幸せな気分

新たに契約をいただいた建設会社があるのですが、まだ社風も把握しておらず、どのように進行していこうかと思案していました。

直に膝を交えてコミュニケーションを取ることも考えたのですが、年度末に向けて、いくつか現場が集中して行われているのですが、忙しく動いている現場に対し「余計なこと」をすると嫌われるかもしれません。

第一印象が悪く感じられると、打ち解けるまで時間が掛かりますからね(笑)

とりあえず、現場のマネジメントだけ明確にしてもらい、そこから少しだけ「助言」してみました。

それがハマったらしく(笑)、工期が厳しく、忙しく動いている現場から「報告書」をいただきました。

私の名前に「先生」を付け「■■先生提出書類・工事中間報告書」と書かれたモノです。

いえいえ「先生」ではありません・・(汗)

私は偉そうに指導できる事はできませんから、同じ立場で一緒に考えて、楽しく良いものを作っていきたいと考えています。

先生ではなく「仲間」であり、技術を磨き合うライバルと思ってもらえると良いです。

さて、この現場担当者さんは私に対する報告書を書いているときに「幸せな気分になった」そうです。

現場が楽しくなり自分が充実でき、地域の感謝を想像しながら仕事をした途中経過を書いているわけですから、忙しさに追われて仕事をするよりも「幸せ」を感じられますよね。


solisoli at 08:31│感想とツッコミ(2)clip!ざれごと 

この記事へのコメント

1. Posted by pkariko   2018年02月01日 11:04
少しづつですが、取組んで行こうとしている人が増えてきています。
そんな中、結果を出していければと思います。
まじめな人ばかりなので、時間がかかるかもしれませんが、レベルアップしていきます!
2. Posted by nikumaru   2018年02月01日 11:50
■pkarikoさん
私としては「時間がかかる」と契約期間が延びるので歓迎です(笑)

単発的に成績上げるのはカンタンです。

でも、高い成績を継続し続る「良い会社」にしていきたいですから焦らずシッカリとやっていきましょう!

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント