2017年12月05日

ハッキリと

世の中には自分の感情や自己顕示で発言する人もいて、このような人は相手のことを考えずに物事を言う傾向に感じます。

言葉の端々に自慢や嫌味を交える人は分かりやすいのですが、本人に悪意が無い人もたまにいて困ることもありますね(笑)

私も「無関心な相手」に対しては「その場を繕うこと」しか言いませんが、大事な人に対してはハッキリと物事を言います。

もちろん相手を尊重し、相手の気持ちを考えて発言しているのですが、歯に衣着せない発言も多く「悪意」は無いものの相手を傷つけているかもしれません。

特に抑揚の伝わりにくいメールなど文章で伝える場合は注意しています。

それでも、創意工夫報告書などの添削で「この工夫は標準的、当たり前のことです」などと返答して「冷たい対応」と思われることもあるようです(汗)



当たり前だからダメと切り捨てているなら「冷たい」ですが、そこに新たな工夫を加えて「当たり前以上」にしていきたいという「熱い気持ち」を含んでいるのですよ。

とは言え、私も立派な人間ではありません。

先日、ある人から「私の悪い部分」をハッキリと指摘されました(笑)

信頼している人からの指摘は、素直に「本当に申し訳ありません!」と心から言ってしまいますね。

言い方も大事ですが、お互いの信頼も大事ですね。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント