2017年11月22日

頼もしい

ある工事現場を半年ぶりに訪問させてもらいました。

進捗としては仮設関係などが終了し、これから本格的に稼働するという感じかな。

さて、この現場を5月に訪問した時に「新入社員」が配属されていました。

私の第一印象は、爽やかな好青年という感じで、私に対してもハキハキと返事をしてくれました。

実際、会社としても学生時代の部活動の取り組みや、周囲の評判、人柄などから「未来を託せる逸材」として、期待しているとのことでした。

将来が楽しみと感じていたのですが、半年ぶりに会って話をしてみると・・・。


半年でこんなに「成長」するのかと驚きましたね(汗)

例えば、中間検査で検査員に指摘されたことが無かったか聞いたところ、検査員が何をどのように見て、どのような指摘事項があり、それに対してどのように是正対応したか、を明確に答えてくれました。

私は半年の経験で「ここまで仕事を把握」していませんでしたよ。

だいたい、検査員さんが何を言ったかなんて、緊張で覚えていませんね(笑)

それを検査員の「心情」まで読み取っているのですから・・・。

ついでに「今の悩み」を聞いてみたところ、図面(二次元)で配筋図を見て頭に叩き込んでいるが、実物のイメージがまだ明確に沸かないそうです。

ちなみに私は鉄筋が組み上がってから「配筋図の意味」が何となくわかったくらいで、配筋図を頭に叩き込むなんて考えなかったですね(爆)

比較する相手が「私」なのが申し訳ないくらいです・・。

でも、「おじさん」は、また数か月後に訪問して話を聞くのが楽しみになりました。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!ざれごと 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント