2017年11月13日

朝礼の形骸化

建築現場での話ですが、働きやすい職場環境を構築するため、誰でも無記名で忌憚のない意見を投稿できる「目安箱」を設置したそうです。

意見を集計して2番目に多かった意見が「朝礼の内容について」だそうで、客観的な意見が聞きたいと相談されました。

ちなみに、1番多かった意見は「現場監督が邪魔・ウザイ」だったそうです(爆)
(それは「仕方ない」と担当者もあきらめたらしい・・)

詳細を聞いたところ、朝礼の内容は前日の「職長会議」などで確認したスケジュールの周知がメインのようです。

また訓示などもマンネリ化していて「無駄な時間」と感じている人が多いようです。

安全に関することが「無駄」と思われているのは大問題ですよね。

朝礼の流れや安全書類などの資料も見せていただきましたが、ハッキリ言って形式的なものは揃っていても形骸化していて、中身は「積極的」とは感じないものでした。

安全に関することですから、私もつい「きつい口調」で返答してしまいました・・(汗)


いくつか「朝礼におけるマンネリ防止」について「ヒント」を出させてもらいました。

ヒント
を自分たちで「どのようにアレンジするか」と考えることが「積極的」に繋がりますし、それらのプロセスが次に向けた「マンネリ防止」になりますからね。

何より、気づかなかったこと(あるいは見て見ぬふりをしていたこと)「目安箱」という手段で行動した結果です。

ウザイ
と思われても、みんなが良くなる方向に向かっているのだと感じますね。


solisoli at 07:30│感想とツッコミ(0)clip!安全管理 

感想かツッコミをいれる

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサー
記事検索
訪問ありがとう
Since,2006.6.8



コメント